外壁塗装って本当に必要なの?と思っている人へ

 

10年を目途に勧められる事が多い外壁塗装。
しかし、「見た目は、まだ、きれいだし。」「外壁塗装を勧められるのは業者が儲けるため!」などと思われている人もいるのではないでしょうか。

しかし、それは大きな間違いです。
外壁塗装と言うものは、家を守る為には欠かす事ができないメンテナンスなのです。では、実際、外壁塗装には、どのような意味があるのでしょうか。

・見た目がきれいになるだけだと思っていたら大間違い!

外壁塗装を行う事を疑問に思う人の中には、外壁塗装は見た目だけのものだと思っている人が多いようです。見た目だけをきれいにするだけに大金を使う事は出来ないという考えでかたくなに外壁塗装を拒む人もいるようですが、外壁塗装と言うものは、見た目をきれいにするだけのものではありません。

外壁塗装の一番の目的は防水効果です。外壁は経年劣化によって防水効果が怠ってしまいます。それによって、どのような症状が現れるかというと、手で触った時に手が白く汚れるチョーキング現象やカビなどは壁に生えてくる現象となります。

このような現象が起き始めたら、外壁の防水効果が失われつつあると言う事です。そのような現象が現れても放置し続ける事で、結果的にクラックが発生し、そのクラックから壁の中にまで水が入り込むと言う事になってしまいます。そうなると家本体の躯体が悪くなり、気付いた頃には雨漏りなどの症状が現れ、外壁塗装だけではなく大掛かりなリフォームがい必要になってしまいます。

・では、実際にどのように外壁塗装を行えば良いのか?

外壁塗装が家を守る為に重要なものであると言っても、業者の言う通りに行う必要などありません。10年で外壁塗装が必要になるというのはあくまでも、目安です。

外壁の種類や日当たりなどにより外壁の劣化はそれぞれとなります。その為、必ず10年経ったら外壁塗装を行う必要があるというわけではないと言えます。
ちなみに外壁塗装に関してはこちらがかなり詳しいです。
https://www.autoteria.net/

10年だからと言って、外壁塗装を勧めてくるような業者の事はあまり気にする必要はありません。外壁塗装の時期と言うものは、素人でも判断しやすいといった事がメリットです。
自分の家は自分で守ると考え、まずは、自分のいあ柄の状態を定期的に確認するようにしてください。