マンションを売却する時に忘れてはいけないポイントとは?

 

マンションを売却する時にはいくつかのポイントが存在しますが、その中でも特に忘れてはいけないのが「事前準備」です。
損をしないようにしっかりと準備しましょう。

・価格相場のチェック

マンションを売却する際に、まずは価格相場を調べる人が多いと思います。
相場を知らずに売却を進めていくと大幅に損をするリスクが高くなります。

売却を検討しているマンションの間取りや築年数と似た条件のマンションが「どれくらいの価格で売却されているか」調べてみてください。
同じ地域内でも最寄り駅や駅から距離で多少価格は変動しますが、大まかな価格相場を把握する事が出来ます。
また、ネットでの査定を利用してみてマンション相場をつかむも良いでしょう。

マンション査定の記事を読む

・アピールポイントをまとめる

マンションのアピールポイントを事前にまとめておく事もマンション売却をスムーズに終わらせるためには必須です。

ただ単に、売却するマンションの情報を羅列するだけではなかなか買い手が見付かりません。
マンションの共有施設・設備や安全性の高さをしっかりとアピールするように意識してください。
さらに、同時にマンションの周辺環境も記載すると良いでしょう。
最寄り駅から利用出来る公共交通機関の数や駅周辺の店舗情報、ファミリー層向けに学校や子供が遊べる公園等の記載もおすすめです。

・利用する不動産会社はしっかりと精査する

満足度の高いマンション売却のためには「不動産会社選び」が重要になります。

マンションの売却時には、不動産会社選びに最も時間をかけたという方も多くいます。
テレビのCMや広告で見かける機会の多い大手不動産会社は「高い集客力」を持っているという魅力があります。

一方、地域密着型の不動産会社は「大手には突出した販売力」を持っている場合があります。しかし、大手と比較すると仲介力や販売力にムラがあるので、地域密着型の不動産会社を利用する場合はより慎重に選ぶ事が必要です。

最近のマンション売却事情

 

私の家では小さなマンションをいくつか所有していてそれをどう売却しようか家族で悩んでいるところです。
私自身も色々と調べてみたのですが最近ではネットでマンションの売却の見積もりが出せるとか。
いろいろ調べていると毎月を依頼する業者によって査定金額は結構変わるみたいので慎重になろうと思わされます。

最終的に賢く得るための方法としてはマンション売却のための一括査定サービスを使うのがいいみたいです。
ひとつのサイトでも申し込みをすると提携している業者さんに一括見積もりを依頼できるみたいで、その中から高い見積金額を出した業者に依頼をするのが良いみたいです。

土地の査定と売却を効率良く行う媒介契約

 

土地を売る時に必要なのが不動産業者による査定です。
その土地が一体いくらの価値があり、いくらで売れるのか一番気になるところです。
売却価格が出たら、実際に買主を探してくれる不動産業者を探し、媒介契約を結びます。
媒介契約にはいくつか種類があって、一般媒介契約、専任媒介契約から選びます。
一般媒介契約は複数の不動産業者と契約を結ぶことができて、競争して買主を探してもらうことができるのが魅力です。
これなら早く買主を見つけたいという場合にも最適です。
また、専任媒介契約は一社とのみ契約をするもので、買主探しの経過報告の義務が有るため、一生懸命探してくれるという話もあります。
専任媒介契約の中でも、専属専任媒介契約は売主も買主を探すことができないというものです。
このような契約を結ぶ不動産業者は、自分と相性の良い営業を持つほかの業者を選んでも構わないことになっています。
良い不動産業者との出会いがスピーディーな売却につながるのです。